ネオナイト

ネオナイト工法による、排水・汚泥処理から防水・防食・止水工事など、様々な分野において地球環境に配慮し、より良い環境づくりに貢献しています。

ネオナイト工法

ネオサイト工法:ネオサイトとは、工場や土木現場の排水処理、濁水処理、土壌処理をおこなう高機能処理剤です。

ネオナイトには、排水(廃水)処理用、土壌処理用、有害物分解処理用等用途別に多くの種類があります。

排水(廃水)処理用としては天然原料を主原料とした建設現場用ネオナイトMI、BI、AI等そのまま埋め戻しが出来るものを主流として、土壌処理用としては汚染土壌の有害重金属の不溶・安定化処理剤及び中性固化処理、有害物分解処理用はダイオキシン・PCB類等有機ハロゲン化合物を含む土壌・廃棄物の常温常圧分解剤です。

特性

○天然素材を主原料にしたネオナイトを用いた環境負荷低減型の排水・汚泥・土壌処理工法

○プラントを簡素化し、小規模現場にも対応可能
○ネオナイトは対象物にマッチングした製品を提供でき、様々な要望に対応可能
○重金属・ダイオキシン類・PCB等有害物質の除去・分解に特化した技術
○埋め戻し材料として使用できるネオナイトは、建設現場で発生した汚泥のリサイクル・減量化とゼロエミッションを実現

排水処理・溺水処理・汚泥処理に高い信頼性

ネオナイトを使用した排水処理・廃水処理・濁水処理等をネオナイト工法といっております。ネオナイト工法は公共工事では多くの採用実績がり非常に信頼性の高い処理方法です。また民間工場でも採用事例が増えています。

不溶化処理
不溶化処理

工事に伴い有害物質を含む土壌を掘削する場合、雨水、湧水等排出水に有害物質が流出するのを防止します。さらに地下水の汚染防止や、近隣住民・周辺の環境影響に配慮し、汚染土壌の適正処理を行います。対象有害物は、砒素、鉛、フッ素、カドミウム等の重金属類。

造成工事雨水処理
造成工事雨水処理

大型のプラントを使用せず、ネオナイトフィーダーのみで降雨時に大量に発生する排水、モルタル打設時のアルカリ濁水を処理します。ネオナイトと濁水は水路内の水流で強力に撹拌されることにより土粒子と清水に分離され、沈澱池から河川等に放流されます。

はつり排水処理
はつり排水処理

建築物の外壁、高速道路・鉄道高架等コンクリート構造物の補修工事の際に、ウォタージェットで施工したはつり排水を処理します。ネオナイトの特徴である1剤での中和・凝集作用を利用し、プラントを小型化させコスト削減を可能にしました。

浚渫汚泥の脱水処理
浚渫汚泥の脱水処理

河川、湖沼、ダム、港湾等で浚渫される泥土の現場脱水処理を行います。ネオナイトセパレーターにより連続脱水が可能になり、大幅な省スぺース化を可能にしました。

濾過処理
濾過処理

高度排水処理が求められる現場や、除鉄・除マンガン・ヒ素等の処理を行います。魚介類の養殖場、天然のり・ワカメの漁場付近での工事濁水を水産1級の基準まで処理し、安全性の高い処理を実現しました。  

有害物質除去・土壌洗浄
有害物質除去・土壌洗浄

土壌汚染対策法による土壌洗浄、焼却炉解体時の排水を処理します。ネオナイトは重金属類の凝集・吸着に特化した材料で、その特徴を活かし簡素化したシステムで有害物質の除去を可能にしました。油分の除去にも実績があります。さらに、ダイオキシン類、PCB類を常温常圧で分解します。  

ブラスト廃材の重金属不溶化処理

ブラスト処理された廃材を、不溶化処理機(ネオブレンダ―)の投入し不溶化剤を投入する。

水を投入しながら1分間撹拌しブラスト廃材を取り出す。

サンプルを取り計量試験後環境基準値以下であることを確認し最終処分する。

安全性については、魚類による急性毒性試験(JISK0102工場排水試験法)により、水質汚染の影響を受けやすい”あゆ”を使用し死亡率0%の安全性を確認しています。

多数のブラスト処理工事現場におけるブラスト廃材の不溶化処理結果は、さまざまなブラスト廃材でも確実に不溶化が可能であることを確認しています。 処理コストにおいてもローコスト化が可能です。

ブラスト廃材の重金属不溶化処理について

学校教材

水の浄化を体験できる・安心安全で水環境を学習できる 理科実験教材の販売

学校教材

【商品コンセプト】

子どもたちの身近には、墨汁や絵の具の洗い水や、ほかにも台所や洗濯、浴場から生活排水が出てきます。これらの生活排水は、各地域の下水処理施設などで処理され、循環して再び私たちの生活に使われます。

世界的な水資源の争奪戦の様相の中、我が国でも水問題は関心が高く、この水問題を考える意味で、私たちの身近な排水がどのように処理されているかを、体験してもらおうと考え、安心安全な水の水質浄化実験剤を開発しました。

汚れた水の処理方法にはさまざまな方法がありますが、最もよく使われているのが凝集剤を使った凝集沈澱方法です。

通常、凝集剤は液状または粉末状ですが、子どもたちの目に入ったり、誤飲・誤食・誤使用を防ぐことや、親しみをもってもらうために、当社独自の技術で錠剤型にし着色を可能にしました。(特許出願済)

【実験方法】
実験は簡単で、汚水をペットボトルに入れてからネオナイト錠剤(写真左側)を加えてシャカシャカと振るだけでペットボトルの中は浄水と沈殿物に分けられます。

泥水、河川水、下水道水、絵の具、掃除の水、薄いせっけん水などさまざまな汚水が扱えます。

学校教材

 

【ネオナイト関連リンク】

全国ネオナイト工法振興協会

 

トップへ戻る